豊胸手術ミスで死亡

豊胸手術ミスで死亡のページを説明



2カップアップ!メスを使わない超Natural豊胸術
新着記事一覧

豊胸手術ミスで死亡

茨城県つくば市の美容外科医院で行われた豊胸手術を巡る医療過誤訴訟で、手術2日後に死亡した女性の遺族が提訴した。

死亡した女性の遺族は訴状で、カルテがなく、手術中に麻酔によるショックでけいれんが起きた後、30分間救命処置が行われなかったと訴えている。

女性は2005年9〜10月、顔のしわ取り手術2回と腹部の脂肪吸引手術1回を受けた。

しかし、不均一な脂肪吸引で腹部の表面にでこぼこが残ったと主張。

また、東京地裁に提出した訴状によると、女性は2006年7月15日、約30年前に挿入したワセリンを取り、代わりにシリコンを入れる手術を受けた。

医師が局部麻酔をした20〜40分後にけいれんを15分間起こし、呼吸が停止。

脈拍も感知できなくなったが、医師は気管挿入や薬剤投与などの処置をせず、約30分後に人工呼吸と心臓マッサージをしただけだった。

女性は心肺停止状態で市内の救急病院に搬送されたが、2日後に死亡した。

(毎日新聞)から引用

2カップアップ!メスを使わない超Natural豊胸術
2カップアップ!メスを使わない超Natural豊胸術

Category 豊胸手術

豊胸でバストアップの豊胸手術ミスで死亡のリンクについて

豊胸でバストアップの豊胸手術ミスで死亡のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。